消費者金融で学費を借りたことについて

私は中学3年生のとき家庭の事情のため、高校を卒業してすぐに就職するつもりでいました。私が高校受験をした当時は、就職するのなら資格を多く取得することができる商業科の高校へ進学した方が良いと、中学3年生のときの担任の先生から聞いていたので、数多くの資格を取得するために、商業科の高校を受験することにしました。

 

商業科の高校に無事合格することができ、私は高校生になることができました。商業科の高校を希望して受験する人は、高校卒業後の進路は就職する人ばかりだと思っていましたが、実際は専門学校や大学へ進学しようと考えている人ばかりでした。高校生のときに仲良くなった友人も最初は就職希望でしたが、少しずつ友人の中で考えが変化していきました。

 

大学へ進学することにより、将来自分がなりたいと思う仕事に従事できる可能性があったので、大学へ進学したいと途中から思うようになっていました。私自身も友人の考えを聞いているうちに、私自身も大学へ進学してもっと勉強したいと思うようになりました。大学へ進学するためには多額の学費が必要となってくるので、金銭的に心配な部分がありました。

 

両親は私のことを応援してくれるということで、就職することをせずに大学へ進学することを決めました。奨学金を借り私自身もアルバイトをしていましたが、多額の学費を支払うことが難しくなった時期があったので、消費者金融の即日キャッシングでお金を借りることで、危機を脱することができました。人が受付をしている消費者金融では、親身になり話を聞いてくれるので、気軽に相談して借りることができました。

消費者金融を使った便利なノウハウ

人々が急な出費があるときに利用するキャッシングやカードローンは銀行や消費者金融などで取り扱っています。キャッシングやカードローンは上手に使うと、日常生活を送る上で便利な手段となります。消費者金融会社では、グレー金利規制の影響によって、顧客が一時期減りましたが、一定期間無利子などのキャンペーンを行うことで顧客を獲得しようとしています。

 

消費者金融を上手に使うノウハウとして、一定期間無利子になるキャンペーンを利用して出来るだけ返済時に支払う金利を少なくするという方法があります。このキャンペーンは初回利用のみの所が多いですが、複数の金融機関で借りる場合は、キャンペーンを行っている所だけで借りると金利の総額を抑えることが可能です。金融機関によっては月ごとにキャンペーンを適用出来るようにしている所もあります。

 

その他のノウハウとしては、複数の金融機関で借りて、返済先が多く、月に何回も返済している人は「おまとめローン」を利用すると便利です。おまとめローンは、複数のローンを一つの金融機関のローンに乗り換えるサービスであり、金融機関が利用者が現在返済しているローンを貸出元に利用者の代わりに直接振り込んで完済し、その立て替え分を新たなローンとして利用者に返済させるものです。

 

おまとめローンのメリットは、ローンの返済先を一ヶ所にすることで利用者の返済負担を軽減出来ることです。しかし、おまとめローンを利用するには、カードローンやキャッシングと同様に審査があり、その基準はカードローンやキャッシングに準拠します。カードローンやキャッシングを利用する際には、金利やキャンペーンなど様々な点を比較して選ぶことが重要です。